うつ病と社交不安障害になった私、寛解への長い寄り道記録

うつ病10年目、毎日、寛解にむけての紆余曲折の記録です。酷いネガティブな投稿もあるかもしれませんが、それを含めて記録していきたいです。繰返し同じような投稿をするかも知れません。その時思っていることを書いているので、ご了承ください。【注意点】ツイッターの延長線上で書いています。ご了承ください。

2018/7/30 目標と結果(日々の生活)

昨日。
昨日は何をしていただろう。
早起きして、うたた寝して、ご飯を食べて昼寝。

 

本当は、映画を観に行こうかと思っていたが、いつもの映画館では、観たかったハン・ソロがレイトショーしかなかったので諦めた。
夏休みは日本の映画が強いようだ。
ジュラシック・ワールドはどうなのか知らないが。

 

家の中に娯楽が多すぎて、いくつか整理をしようとしたが、ダンボールからでてきた卒業アルバムのように、いろんな記憶が蘇えり、何も処分できなかった。
さしあたりは、やれそうな事をしぼって、少しずつ取り組みたい。

 

しかし、字が読めないのが辛い。
興味がある本がたくさんあるのに、どうして10ページぐらいでもじもじ、そわそわしてしまうのか…

 

夜は映画の代わりに、「いきなりステーキ」に行ってきた。始めて行ったのだが、まさかの量り売り。
目の前で大きな肉を切り、計りにかけて、値段がきまる。斬新過ぎる。
肝心のお肉はとても美味しかったが、寝る前までお腹いっぱいで気持ち悪かった。
肉マイレージなるものがあって、9月末までに行けば、1000円割引のようだ。
こっそり1人で行ってみようか。

 

一度行ったところは、だいぶ緊張しなくなってきた。
まあ、食事するだけなので、緊張するのは変な話だ。

 

とりあえず、早く誰かと面と向かって話がしたい。
電車賃がないけどね 笑

 

f:id:ironcap:20180731103302p:image