うつ病と社交不安障害になった私、寛解への長い寄り道記録

うつ病10年目、毎日、寛解にむけての紆余曲折の記録です。酷いネガティブな投稿もあるかもしれませんが、それを含めて記録していきたいです。繰返し同じような投稿をするかも知れません。その時思っていることを書いているので、ご了承ください。【注意点】ツイッターの延長線上で書いています。ご了承ください。

2018/7/29 目標と結果(日々の生活)

昨日は弟夫婦と赤ちゃん2人が訪ねてきました。
お盆の時期は混むので、昨日になりました。

 

いつもは、家で食事をし、お話したりするのですが、今回は私の発案で外食することにしました。

 

台風は過ぎて、晴れていたのに、移動中に激しく雨が降りました。
傘が1本しかなかったので、赤ちゃん優先で、私は濡れて店内へ。

 

3歳の男の子(もう赤ちゃんじゃないですね)は活発過ぎて、はしゃぎまくりでした。一番奥の座敷席を予約していたのですが、それでも、となりに行きそうになり、大人6人でかわるがわる相手をして、ごはんを食べました。
あんまり食べた気がしませんでしたね。
凄く疲れましたが、楽しかったです。
大きくなったら、どこまで覚えているのかなと思ったりしました。
弟は疲れきっていましたが、今の時期は今しかないので、なんとか楽しんで子育てして欲しいなと感じました。

 

現地解散し、帰宅しましたが、ものすごく疲れていて、爆睡しました。
よく考えてみると、うつ病の私が、外食し、ちびっこの相手をして、気持ちが落ちなかったのは、”やはり寛解までもう一息、気持ち次第なのかな”、”それとも家族だけだったから平気だったのかな” と感じました。回復期は難しいです。
1人で誰かと会うとか用事を作るとかしないとダメですね。

 

話変わって、我が家には娯楽が溢れています。
ネットフリックス、積みゲー、積みマンガ、積み本、積み録画ドラマ。
いつもどれかを消費しないとと思い、ついつい焦っていました。
まあ、いま時点でも焦りがありますが。

 

なんで休んでいる時期なのに、焦っているのか、恥ずかしいというか、あきれるというか、ぜいたく病ですね。
昨日一昨日でオンラインゲームのドラクエ10と、FF14のプレイヤーデータを消しました。
定期的におこるオンラインゲームやりたい病がおさまるでしょう。
と思いきや、いま既にうずうずしています。
馬鹿ですね。
好きなら遊べばいいだけなのですが、固定費はかかるし、まとまった時間も必要です。積み〇〇がたくさんあるので、やはりオンラインゲームは諦めようと思います。
ソロでも気楽に遊べるくらい緩和されたら、復帰するかもしれません。
FF11はソロでも遊べるようになっていたので、数年前にストーリーのほぼ全てをクリアできました。

 

そんな週末でした。

今週もぼちぼち生きます。

 

f:id:ironcap:20180730063526p:image