うつ病と社交不安障害になった私、寛解への長い寄り道記録

うつ病10年目、毎日、寛解にむけての紆余曲折の記録です。酷いネガティブな投稿もあるかもしれませんが、それを含めて記録していきたいです。繰返し同じような投稿をするかも知れません。その時思っていることを書いているので、ご了承ください。【注意点】ツイッターの延長線上で書いています。ご了承ください。

変なの

今日は、朝から夕方まで、激しく気持ちが揺れ動きました。

希死念慮は強いし、お腹は減るし、買い物もしたい。

 

もう何がなんだがわからなくなりました。

 

最終手段の頓服を半分飲んで2時間ぐらい昼寝しました。

 

起きたら、多少ましになっていました。

気分が落ちた時は、眠るのが1番であると再確認しました。

寝不足が続くと気分が落ちる確率も高そうです。

 

この投稿で何が書きたかったというと、今日は音楽を聴くのが非常にハードルが高かったのです。

昼寝前も、今も、今日はまだ音楽を聴いていません。これは異常事態です。

やはり天気の影響なのでしょうか。

そのかわりに、今までハードルが高かったゲームをやる気が起きたのです。

前回のセーブから、約1年。

1年。

休職をされて辛い思いをされている方には1年はかなりの時間に感じるかもしれませんね。

私は、1日があっというまに終わってしまうので、1年を長く感じられなくなってしまいました。

それだけ、ひどいととらえるか、もっと早くよくなる余地があったかはわかりません。

ただ、焦らずに身をゆだねてみよう。

お金の事はできるだけ気にしないようにしようと思いたい今日この頃でした。