うつ病と社交不安障害になった私、寛解への長い寄り道記録

うつ病10年目、毎日、寛解にむけての紆余曲折の記録です。酷いネガティブな投稿もあるかもしれませんが、それを含めて記録していきたいです。繰返し同じような投稿をするかも知れません。その時思っていることを書いているので、ご了承ください。【注意点】ツイッターの延長線上で書いています。ご了承ください。

苦しい夜

なんどもなんども書いている話。

 

22時頃から、1日が終わる焦り?が始まる。

理由は、ゲームが楽しめなかった不満足感だと思っていた。

しかし、どうやら違うようだ。

 

今の仮説は、1日が終わると、病歴が1日増える。

障害年金の期限が1日減る。これも毎回書いているかも。

 

つまりは焦り?。

 

始めて書く気がするが、我が家は24時を目安に眠る事にしている。

その30分前ぐらいから、手がかゆくなり、全身からモヤモヤ、ムズムズが溢れて、耐えられず声をあげる。

毎晩毎晩。

昨日は悔しくて悔しくて涙した。

 

悔しくて。

悔しくて。

悔しくて。

 

なんでなんだろう。

なんでなんだろう。

なんでなんだろう。

 

手のかゆみは、自律神経の乱れとネットに書いてあった。

前にやって、あまり効果がなかったが、抗不安薬を23時に飲んでみようと思う。

もしくは、アカシジアの薬を夕飯後ではなく、少し後に飲むか。

先生に相談しよう。

ちゃんと聞いてくれるかわからないが…。