うつ病と社交不安障害になった私、寛解への長い寄り道記録

うつ病10年目、毎日、寛解にむけての紆余曲折の記録です。酷いネガティブな投稿もあるかもしれませんが、それを含めて記録していきたいです。繰返し同じような投稿をするかも知れません。その時思っていることを書いているので、ご了承ください。【注意点】ツイッターの延長線上で書いています。ご了承ください。

自己肯定感

自己肯定感。

何年も疾患を抱えていたのに、関連書物にお金をかけなかったので、いまさらながら知らないことが沢山でてきました。

 

図書館は休職時に痛い目をみたので今月にはいるまで、8年間入れませんでした。

 

そうそう、自己肯定感。

文字からなんとなく意味は分かる気がしますが、せっかく興味がでたので、ブロガーさんから教えていただいた、大嶋信頼さんが書いた本を買ってみました

f:id:ironcap:20180627072425p:image

 

半分ぐらい読みましたが、まあ、私のことが書いてあることといったら、声をあげるレベルでした。

私は、自己肯定感の低さ人間のようです。

ただ、この本でしか知識がないので、最後まで読んで、自分にとって為になると思えば関連書物も手をだそうと思います。