うつ病と社交不安障害になった私、寛解への長い寄り道記録

うつ病10年目、毎日、寛解にむけての紆余曲折の記録です。酷いネガティブな投稿もあるかもしれませんが、それを含めて記録していきたいです。繰返し同じような投稿をするかも知れません。その時思っていることを書いているので、ご了承ください。【注意点】ツイッターの延長線上で書いています。ご了承ください。

目標と現状(2018/6/9)

私はこれまで自分の疾患について、現実から逃げて(避けて)来た。

きっかけは忘れてしまったが、今年の初めから疾患に対して向き合うためにツイッターアカウントを作成した。

(最近、忘れてばかり。年なのか、集中してないだけなのか)

 

そこに固定ツイートとして、こう書いた

 休む、自分を責めない、焦らない、やりたいなと思ったことを八分目ぐらいやる、無理にやる事を作らない、寝るのを怖がらない、病気は完治しないと認識する、負担にならない程度にツイートのやりとりをする、先読みをできるだけしない、自分を信じる。
↑どれかひとつでも達成したい。

 改めて見るのも久しぶりな気がする。

見ていくと、達成できるかもしれないことと、悪化しているものがあった。

 

達成できるかもしれないことは、

・焦らない

・無理にやる事を作らない

 

①焦らない

これはツイッターのおかげなのだが、みんなから”のんびり”、”ゆっくり”、”無理せず”という言葉をたくさん頂けるし、私も使うようにしている。
このおかげで、焦って毎日を送っても何の得にもならないと感じてきた。
期限がきまった休職ではなく、無職なのだから、(実際は金銭的な期限はあるが)気持ちに余裕ができた。焦りはうつ病には大敵であると感じる。

 

②無理にやることを作らない

これは、一日を無駄に過ごしてしまったという感情を抑えるということにつながる。比較的できてきている気がする。23時になったら、寝る準備をしてぼーっとケーブルテレビでアニメを見ている。

 

逆に悪化しているのは、

・負担にならない程度にツイートのやりとりをする

 

負担だとは思っていないのだが、ツイッターに張り付いていないとフォロワーさんの言葉を見落としてしまうと思い、1日に数時間もスマホを見ている。
特定の人と仲良くお話したい気持ちと、新しい仲間に挨拶をしたい。私の経験が役にたつなら、何かを伝えたい。
初めはよかった。しかし、段々輪が大きくなり、私の話を聞いてくれる方は増えたし、私からお話をしたい人も増えた。アドバイスをするときは、できるだけ裏どりをしてツイートしている。
頭を使う、自分の気持ちを表現する場としては、最高の場にいるのだが、負担になっているのは間違いない。
よくお話をさせて頂いている方はリストに入れているが、リストからは見ていない。

解決策はいくつか考えられる。

・そもそもTL全てを見ない

・リツイートを表示しないフォロワーさんを増やす

・鍵アカにする

・新しいフォロワーさんをフォローしない(ただし、プロフィールに明記する)

・申し訳ないことだが、ミュートする

TLを全部見ない、リツイートの非表示と新規フォローをしないことがすぐできる対処方法になる。

 

あとは、「挨拶をしない」
これは正直嫌だ。マナーというか、ここだけは守りたい。

 

さあ、どうする。考えるのは自分だ。

 

今日はここまで。