うつ病と社交不安障害になった私、寛解への長い寄り道記録

うつ病10年目、毎日、寛解にむけての紆余曲折の記録です。酷いネガティブな投稿もあるかもしれませんが、それを含めて記録していきたいです。繰返し同じような投稿をするかも知れません。その時思っていることを書いているので、ご了承ください。【注意点】ツイッターの延長線上で書いています。ご了承ください。

私の正体

私は通院後、いつも罪悪感を覚える
理由はただ一つ私はズルをしているのではないのか。

 

<前提条件>

・私は既婚の中年男性である
・(家族曰く)自分にきびしい
・過去の悪い事象をいつまでも引きずる
・同じことをいつまでも考える
・八方美人でいたいと思ってしまう
・私は粘着質である

the5seconds.com

 

<本題>

 

昨晩、寝る前にこんなつぶやきをした。

明日、先生に何を言おう…

頭がピーマン

今日は超過食

おせっかいおばさん

やっぱり昔と変わってない

このままだとWうつ病

夜が怖い

ロジャーじゃなくてデイビッド

 

何を言っているのか少ししかわからないだろう。
少し分解してみようと思う。

 

①明日、先生に何を言おう

→自分をどのようにして、状態が悪いかを作りあげて説明をし、自分が辛いという演技をする。
もう少しいうと、私はもしかしたら寛解しているかもしれない。
主治医のいう生活の質はできている
・睡眠→多少振れ幅はあるが、眠れずに困る、過眠でこまることはなくなった
・食事→規則正しい時間に食事をとり、食欲はあり。薬の副作用で過食ぎみであるが
、薬を止めれば痩せるはず。
・運動→週5で7000歩 歩いている

あと私にたりないのは、勇気。
10年間、自分の生活範囲だけで生きてきた。
あとは、だれでも感じるであろう環境の変化に対する不安に打ち勝つだけ。
私はずるしている。

 

②頭がピーマン

→自分の生活の中で物を考えることをなくした為、すっからかんになっている。
種ぐらいはあるから、水があれば育つだろう。

 

③今日は超過食

→これは薬の副作用かもとは言え、度を越している。自分をコントロールできていない。頭が物を食べたがっているだけ。実際、痩せほそってはいない

 

④おせっかいおばさん

→ツイッターで朝のあいさつをして、私のできる範囲で声かけをしている。
どうしても相手に迷惑だと思ってしまう(何度も申し訳ありません)。おせっかいおばさんというのは少し書き間違えた感はあるが、八方美人なのだ。

 

⑤やっぱり昔と変わってない

→昔から、人や物に執着する。人を相手が思っている3割ましぐらいで好意を持ち(恋愛の好意ではない)、反応がないと一喜一憂したり、すとんと堕ちる。
また、過去にSNSで人を傷つけたことを理解しているはずなのに、ここでも執着心や実際にあなたに会ってみたいと思ってしまう。
私はSNSで出会った人とはリアルで会わない方がいいようだ。

 

⑥このままだとWうつ病

→ダブルうつというと変な言い方だが、ここまで書いているような状態に加え、やりたいことができない、やりたいことがない、日々の進歩がない等々考えて、うつ病になっている。つまりダブルうつ病になっているかもしれない。

 

⑦夜が怖い

→寝ることが怖い。悪夢を見て、ぐったりした朝を迎えるのはもううんざりだ。
昼寝で悪夢はほとんど記憶がない。
また、家族と過ごす1日が減っていく。死が近くなる。

 

⑧ロジャーじゃなくてデイビッド

→これが一番わかりずらいだろう。
英国にピンクフロイドというバンドがあった。
全盛期、主導権をとっていたのが、ロジャー・ウォーターズ、ロジャーが脱退した後に主導をとったのが、デヴィッド・ギルモア。
ロジャーの時代、ピンクフロイドは奥が深く歌詞もテーマがはっきりとしていて、詩の中で完結していた、世界があったとされる。
デヴィッドの時代、音楽は軽くなった、ピンクフロイドのぬけがらだと揶揄された。
歌詞も重みがなく、ただ川がながれていくだけのものとされた。
私はツイッターで声をかける時、デヴィッドなのだ。その場しのぎで何の結論も方向性も発信できない。もちろん、”プロでもなんでもないのに、偉そうにバカ言うんじゃない”と言われるのはわかっていて、要するに、”この言葉を大切にしよう”と思ってもらえる言葉を発信できない。

 

そう、何様のつもりですかってね。思いましたよね。そうなんです。

 

<結論>

私はうつ病という仮面をかぶり、軽口を叩き、八方美人であり、被害妄想であり、社会に貢献できないくずなのだ。

 

そうなんだ。

そうなんだよ。

あなたに伝えたい、ごめんなさいと。