うつ病と社交不安障害になった私、寛解への長い寄り道記録

うつ病10年目、毎日、寛解にむけての紆余曲折の記録です。酷いネガティブな投稿もあるかもしれませんが、それを含めて記録していきたいです。繰返し同じような投稿をするかも知れません。その時思っていることを書いているので、ご了承ください。【注意点】ツイッターの延長線上で書いています。ご了承ください。

改めて趣味が手につかない辛さ

何度か書いていますが、私の趣味は、

「テレビゲーム」「マンガ」「音楽鑑賞」です。

 

音楽については、聞き流すことができるので、そんなに苦ではありません。

ただ、余り聞いていない曲を聴くのにはパワーがいるので、いつも同じようなものばかりを聴いています。

 

ゲームについて、積みゲーがたくさんあります。中古で買っていたり、安くなっていたからとついつい買ってしまったものがほとんどです。

それに加え、攻略サイトを見ながらプレイするので、モチベーションも低くなり・・・。

じゃあ、攻略サイト見なければいいという事なのですが、行先がわからなくてイライラするのが嫌なので、ついつい見てしまいます。せっかちなんです。

あと、これをやりきるぞ!と決め込んだゲームも3日と続きません。

もう、大人なんですかね。目新しさがないんですかね。

時間はあるのに、電源も入れない。

つい最近までは、夜寝る前にゲームができなかったことを悪いこととしてとらえてしまい、イライラしていました。

今では、できないときは遊ぶ時ではないと、少しですが割り切れるようになりました。

 

マンガについて、新刊で買っているのは”キン肉マン”、”JOJO”、あと数冊ぐらいでしょうか。これも買ってきたはいいものの、読んでいません。というか読めません。

一番ひどいのが、電子書籍で購読している少年ジャンプ。もう10冊分は溜まっています。

タブレットがあるので、それで読んでいるのですが、いやはやメンドクサイ。

パワーがありません。電子書籍なので、部屋に雑誌が溜まっていくわけではないので、その点はよいのですが、どんどんプレッシャーになっています。

 

じゃあ、いつも何をしているかというと、妻がバイトの時は約7000歩の散歩、24時間ニュースをやっている番組を流し見、ネットサーフィン、ツイッター、たまーに活字の読書。

なんとも言えませんね。

これで本当に病気が治るのかと・・・。

少なくても3年はこんな生活です。3年ですよ。

もうお先真っ暗。通院しても進歩なし。

このまま・・・も考えたりもしますが、どうしたもんですかね・・・。

 

まだ、作業所や就労支援施設については考えなれないです。

そもそも作業所のことは最近知ったばかりだし。

毎日辛いです。

辛さは人それぞれなので、”お前は甘えている”とかはご容赦くださいませ。