うつ病と社交不安障害になった私、寛解への長い寄り道記録

うつ病10年目、毎日、寛解にむけての紆余曲折の記録です。酷いネガティブな投稿もあるかもしれませんが、それを含めて記録していきたいです。繰返し同じような投稿をするかも知れません。その時思っていることを書いているので、ご了承ください。【注意点】ツイッターの延長線上で書いています。ご了承ください。

健康診断のお知らせ

40歳を超えてから、自治体が主導する健康診断のお知らせが来るようになった。

 

簡易で無料なのが、身長体重、血液検査、尿検査、血圧等の普通の検査。

 

少しのお金と予約はいるが、胃カメラや人間ドックもできる。

 

だが、私は健康診断が怖くてしょうがない。

希死念慮がどうどか言っているくせに、検診で何か悪いことが分かったらどうしようととても辛く感じる。

変です、私。

 

通院している心療内科は血液検査をしてくれるので、今回も自治体の検診は無視することにした。

だって、その通知が来てから激しい鬱症状がでて動けなくなったから。

そして、行かなくてもいいと誰かに言われたかったから。

 

バカじゃないの?と思われてもいい、嫌なものは嫌なのだ。

 

病気で死ぬのが先か、希死念慮が現実になるのが先かどうだろうね。