うつ病と社交不安障害になった私、寛解への長い寄り道記録

うつ病10年目、毎日、寛解にむけての紆余曲折の記録です。酷いネガティブな投稿もあるかもしれませんが、それを含めて記録していきたいです。繰返し同じような投稿をするかも知れません。その時思っていることを書いているので、ご了承ください。【注意点】ツイッターの延長線上で書いています。ご了承ください。

洋楽と私①

今日は体調が悪く、頭が回っていなかったので、ブログで発信する内容が浮かびませんでしたが、あるところから降ってきました。(フォロワーさんありがとうございます)

 

ということで、

私は高校1年生(1992年)から大学院修士までコピーバンドのドラムを担当していました。

 

その時から私の人生の一部になった洋楽をちょー簡単に紹介します。

独自ドメインのブログで公式MV以外を載せたらまずいですよね?たぶん

とはいったものの、アルファベット順にするか、好きなアルバムを紹介するか...とか色々考えて、よくわからなくなったので、とりあえず、思いついたのを2曲ぐらい紹介します。

たぶん人のブログで曲を聴くのは2曲ぐらいの量がいいかなと思ったので。

 

①Metallica - Enter Sandman 

"メタリカ"と読みます。音楽性はともかくとして、ヘビーメタル界でメタリカと渡り合えるバンドはほとんどないという程のモンスターバンドです。

この曲は、5枚目のアルバム通称「ブラックアルバム」というアルバムの1曲目です。

なんでブラックアルバムかというと、ジャケットに蛇がうっすらと見えるだけの黒いアルバムジャケットで名前は特にないのです。

5枚目までのメタリカは"速い、鋭い、勢い"というような感じで表すことができる”スラッシュメタル”というジャンルに含まれていました。

それが一転、重い、スローテンポを意識した曲が並ぶようになり、当時物議をかもしだしましたが、曲の質がよかったので、商業的にも、他バンドへの影響力も考えると、このアルバムがヘビーメタル界のターニングポイントだったかもしれません。


Metallica - Enter Sandman [Official Music Video]

 

②Annihilator - Set The World On Fire

本当は、同じアルバム入っている、"sounds good to me"を紹介したかったのですが、みあたらなかったので、アルバムタイトル曲を選びました。

バンド名は"アナイアレイター"と読みます。

このバンドの特徴は、ギター兼ボーカルのジェフ・ウォーターズという方が主導をとり、メンバーがひっきりなしに変わるバンドです。

しかし、ジェフの音楽的要素は変わっていないので、どのアルバムを聴いてもギターがザクザクして、慣れてしまえばはまるバンドです。

私は、サードアルバムのこのアルバムが大好きで何度聴いたたわかりません。大学の通学時によく聴いていた記憶があります。

メタルバンドあるあるなんですが、メタルバンドの作るバラード曲がかなり良いというのがあります。"Phoenix Rising"という曲もかなり、かなりいいです。大切な事なので2度書きました。(この言い回しはもう死語ですかねw)


Annihilator - Set The World On Fire [OFFICIAL VIDEO]

 

ということで、2曲紹介しました。

私の別ブログでは、私のitunesに入っているアホみたいな量の曲から選んでいるので、全てを語ることができません。好みではないのもあるので、

1回目は終わりです。

2回目はまたいつか。

聴いて頂いた皆様、ありがとうございました。