うつ病と社交不安障害になった私、寛解への長い寄り道記録

うつ病10年目、毎日、寛解にむけての紆余曲折の記録です。酷いネガティブな投稿もあるかもしれませんが、それを含めて記録していきたいです。繰返し同じような投稿をするかも知れません。その時思っていることを書いているので、ご了承ください。【注意点】ツイッターの延長線上で書いています。ご了承ください。

気持ち

深夜に長々と思っていること、思いついたこと、自虐的なこと、神経質なこと、普段考えてもいないことを書きました。

 

時間にして1時間ぐらいだった気がします。

スマホをのキーを押すたびに次から次へと文字が文章になっていきました。

 

正直、まだもやもやしています。

他人の考えを私が簡単に変えることはできないという当たり前のことと、自分の中の感情とをよくわからないまま混同して書いてしまっていました。

(コメントを頂きましてありがとうございました。)

 

うつ病になってSNSを通じての精神的ダメージを何度も受けてきました。

そしてダメージを与えてしまったこともありました。

 

0か1かの完璧主義がとりえだった私はこれからどうやって自分に向き合えばいいのかまだわかりません。

 

自分がこんなに重く感じている理由もよくわかりません。

何かをするときは常にシミュレーションをして、自分へのダメージを減らす性質で生きてきました。

 

今回のことがきっかけで生きやすくなるのか、また違う場面で重荷を背負ってしまうのかわかりませんが、これも人生の一場面としてとらえ、それを無駄にすることなく消化できる人間になりたいと思いました。