うつ病と社交不安障害になった私、寛解への長い寄り道記録

うつ病10年目、毎日、寛解にむけての紆余曲折の記録です。酷いネガティブな投稿もあるかもしれませんが、それを含めて記録していきたいです。繰返し同じような投稿をするかも知れません。その時思っていることを書いているので、ご了承ください。【注意点】ツイッターの延長線上で書いています。ご了承ください。

心地よい疲れ

今日はすごく頭を使いました。

詳細は控えますが、何年ぶりかも思い出せない経験をしました。

 

自分が想像していたより不安感はなく、喉が渇いただけで、充実した時間を過ごす事ができました。

 

寛解への道を指し示す薄明かりが見えた気がしました。

そして、自分が思っている以上に問題が言語化でき、その内容は的外れではないだろうという手応えを感じました。

 

しかし、とても疲れました。

途中から少し頭が飛びそうになりましたが、最後まで駆け抜けました。

大きな、いや、小さなステップの一歩目を踏んだ、そんな感じの時間でした。

 

いままで使っていなかった頭の部分が大いに刺激された為にとても疲れましたが、その疲れは心地よい疲れでした。

 

(頭を使うと痩せるらしいですよ)

 

小・中学生の時のプールの時間の後の国語の授業並みにすーっと眠りました。

 

今回はたまたまいい機会に巡りあえました。

自分の弱いところ、いいところが形を持って提示された、そんな事を感じた1日でした。

 

意味がわからない方はごめんなさい。

日々の記録投稿ということで勘弁してください。

 

とても、有意義な一日でした。