うつ病と社交不安障害になった私、寛解への長い寄り道記録

うつ病10年目、毎日、寛解にむけての紆余曲折の記録です。酷いネガティブな投稿もあるかもしれませんが、それを含めて記録していきたいです。繰返し同じような投稿をするかも知れません。その時思っていることを書いているので、ご了承ください。【注意点】ツイッターの延長線上で書いています。ご了承ください。

気分コロコロ

えーと、昨日は夕方まで調子がまあまあでのんびりしとおりましたが、夕飯ごろから、ソワソワイライラが始まり、自己嫌悪、被害妄想、希死念慮の一歩手前までいってしまいました。

 

具体的に私に何かあった訳ではないのですが、ツイッターの皆さんが、辛いのをおして頑張っておられるのを見て、自分は何をしてるんだろうと堕ちていったのだと思います。

 

皆さんの前進を暖かく見守るべきですが、中にはかなりギリギリの状態で頑張っている方もいて、とても心配になると共に、自己嫌悪になりました。

 

数時間ツイッターを見るのをやめました。

適切な言葉ではないと思いますが、辛さが伝染してくるようで怖かったです。

 

今日はどんな一日になるでしょうか。

老化に向けてまっしぐらでしょうか。

それとも前向きに何かをできるでしょうか。

コロコロ変わる心の調子。

頭の病気?心の病気?

人間はどこで何を判断しているんでしょう。

頭が動いてるから生きているのは当たり前ですが、どこかに魂があって、薬で麻痺した頭と、世界を感じる魂と、二つあるような不思議な感じがしました。

 

 

 

そう囁くのよ・・・・・・

私のゴーストが