うつ病と社交不安障害になった私、寛解への長い寄り道記録

うつ病10年目、毎日、寛解にむけての紆余曲折の記録です。酷いネガティブな投稿もあるかもしれませんが、それを含めて記録していきたいです。繰返し同じような投稿をするかも知れません。その時思っていることを書いているので、ご了承ください。【注意点】ツイッターの延長線上で書いています。ご了承ください。

考え事

病歴が長いので、何が普通で何が普通じゃないかわからなくなってしまった。

 

ただ、最近気がついた心の持ちようは、

"期待しない事"

これができればかなりの進歩になると思う。

 

しかし、この10年、何をして生きていたんだろう。家族が理解してくれているから、それに甘えて、ずるずる生活しているだけ、本当は働ける…?
いや、そもそも働く事が最終目標でいいのかもわからない。

 

家族が1人でも一緒なら、健常者の様に振る舞える。先日車検にいった時もなんともなかった。

 

しかし、自分一人だけで外と接触をもつのは激しく緊張する。言葉が出てこない。
これが寛解のキモだと思っている。

 

意欲の浮き沈みも、もはやよくわからない。
ただ、最後に貼りつける文書の通り、出来ない事はたくさんある。

 

私は仕事がしたいのか?勿論したくない。
だが、当時仕事は嫌いではなかった。マルチタスク大好きだし、問題を解決するのが好きだった。
壊れたのは、仕事量が多すぎた事、責任感が強すぎた事、完璧を求めすぎた事

 

しかし、定期的な収入がないと生きていけない。いつまでも、障害年金をもらうのは不可能だ。

 

いま、未来の事を、考えているだけでもそわそわする。

 

どうしたらいいのか。

 

日記を書いて主治医に見せても、薬の調整をしてくれるのが関の山だ。

 

転院?無理無理。面倒だし、はずれを引いたらそれこそ最悪だ。

 

薬が適切でないから意欲がでない?

いや、これは薬をやめないと効果があったかはわからない。つまり不可能。

胃薬ぐらいか、飲まなくても平気なのは。

 

薬で体調を整え、よいリズムを頭と体が覚え、少しづつ外の世界との境界線を越えていく。

しかし、体調が悪いのか逃げているだけかわからない。

個人的には逃げていると思っている。

 

逃げていたとしても、出来ない事はたくさんある。やはり、逃げではないのか。

 

最近は、趣味のゲームができなくて非常にストレスを感じている。ゲームができるかできないかは、体調の目安になる。なぜなら、ゲームは私の一部だからだ。

 

またまた何を書いているかわからなくなってきた。

 

次の通院までに、自分を客観視して記録をつけることを優先したい。でも体調を崩してるとその発想すら忘れる訳だが・・・。

 

自分に期待しなければ、気持ちは楽になるのだろうか・・・。

 

 

さっき書いたツイート

確実にできること

・音楽を聴く←勝手に流れるから

・三食の食事

・一部のテレビは観れる
 (ニュースバード、ディスカバリー、カートゥーン、ディズニージュニア)

・洗濯物をたたむ

・コロコロ←掃除

・ブログ、ツイッター

・車の運転

・自分が欲しい物の買い物

 

大好きなはずなのにできない時が多いこと←ストレスが溜まる

・ゲーム←自分からやるから

・マンガ←自分からやるから

 

調子が良くないとできないこと

・風呂

・歯磨き

・読書←活字

・散歩

・考える事

・掃除機

・ドラマ鑑賞

 

全く出来ない事

・就職に関連すること

・〇〇しなきゃと考えないこと