うつ病と社交不安障害になった私、寛解への長い寄り道記録

うつ病10年目、毎日、寛解にむけての紆余曲折の記録です。酷いネガティブな投稿もあるかもしれませんが、それを含めて記録していきたいです。繰返し同じような投稿をするかも知れません。その時思っていることを書いているので、ご了承ください。【注意点】ツイッターの延長線上で書いています。ご了承ください。

ジェネリックでフリーズ

昨日は2週に一度の通院日でした。

伝えたかったことは、3点。

 

①まだ早起きモードが続いているが、睡眠系の薬を増やすつもりはない。

②トリプタノールを100から125にしたら、調子がいいんだが悪いんだかわからない。

→早起きモードはトリプタノールを増やす前から。

③通院間隔を月一にしたい。

→何年も同じ生活をして、話すこともいつもと一緒で、日記をつけていても変わり映えしないから。

 

トリプタノールの量については、私がどうしたいかわからず先生も困っていました。

結果、さらに増やすか聞かれましたが、現状維持と決断しました。

 

通院間隔は、何の問題もなく通りました。

 

そして、調剤薬局へ。

呼ばれたので、受け付けにいくと、薬剤師さんが開口1番、「トリプタノールのジェネリックがありまして」と言われ、フリーズしたまま会計を済ませてしまいました。

 

その直後、すぐにネットで調べましたが、ジェネリックじゃないみたいで、さらに混乱しました。

 

あとで複数のサイトで確認したのですが、トリプタノールと今回処方された”アミトリプチリン塩酸塩錠25mg「サワイ」”

ここを見ると先発とかいてある

minacolor.com

しかし、沢井製薬のサイトを見ると、(トリプタノール錠25のジェネリック医薬品) と書いてある。もう意味不明。薬価も同じだし・・・・

 

会計もしたし、病院にも薬局にも戻って交換してもらうという発想がおきず、そのまま帰宅しました。

 

夕飯後の分を飲みましたが、特に副作用はありませんでした。

正直、効果があるのかもわかりません。

断薬しない限りは。

 

夜ももんもんとして、いつもより多めに不安の薬を飲んで寝ました。

 

朝起きて、いつもはツイッターから1日がはじまりますが、10時の診察開始までそわそわしていました。

10時になって、速攻病院へ電話。

折り返しになりました。

2時間後、やっと電話がありました。

薬が変わってしまったことへの不安を話しました。

先生は、大丈夫だといいました。

もし、違和感があったらすぐに来てくださいと言われました。

 

身内に薬に詳しい人がいて、ジェネリック絶対反対の話を思い出したり、ツイッターのお仲間さんからもご意見いただきました。

 

でも、生命力がないので、このまま少し様子見しようと思います。

 

しかし、なんで月一に変えた時と被ったかな。。