うつ病と社交不安障害になった私、寛解への長い寄り道記録

うつ病10年目、毎日、寛解にむけての紆余曲折の記録です。酷いネガティブな投稿もあるかもしれませんが、それを含めて記録していきたいです。繰返し同じような投稿をするかも知れません。その時思っていることを書いているので、ご了承ください。【注意点】ツイッターの延長線上で書いています。ご了承ください。

おはようございます(z_z)

相変わらず、4時から5時に目が覚めます。

ひと月ぐらいはこのままだと、経験上分かっているのですが、夜の寝落ちも増えていて、少しだけ困っています。

 

夜のルーティンは、

・座椅子の位置を布団の邪魔にならない場所に動かす

・布団を敷く

・パソコンを落とす

・食洗機の中の食器を片付ける

・ヨーグルトを食べる

・ポットの水を満タンにする

・歯を磨く

・下着を着替える

布団から食洗機までの作業は、ずーっと妻に任せきりでした。

ここ1年くらいで、ようやく自分でやらなきゃ、妻の負担を減らしてならなきゃと、思いながらやる事ができるようになりました。

 

〜しなきゃ、というのは、あまり良くない考え方かもしれませんが、大した作業ではないので負担に感じてはいません。

特に、食器の片付けが楽しいです。

 

後は、夕方の洗濯物たたみ。

これも、ずーっと任せっきりにしていましたが、自分でできるようになりました。

畳むのも楽しいです。

 

何年も前から、家事を少しずつできるのを目標にしたらいいですよ、と医者に言われていたのですが、長い時間かかりましたが、ようやくできるようになりました。

(食事は、母に任せっきりです😅😅)

 

散歩もできるし、家事も少しできる。

いい傾向なのですが、いかんせん薬の量が多いので、やはり寛解まではまだまだかな、もういいかげんに卒業したいです

(でも、仕事はまだまだしたくありません)

 

薬の話はまた今度。