うつ病と社交不安障害になった私、寛解への長い寄り道記録

うつ病10年目、毎日、寛解にむけての紆余曲折の記録です。酷いネガティブな投稿もあるかもしれませんが、それを含めて記録していきたいです。繰返し同じような投稿をするかも知れません。その時思っていることを書いているので、ご了承ください。【注意点】ツイッターの延長線上で書いています。ご了承ください。

VS 睡眠時間

普段は9時起き、24時過ぎに寝る生活を送っています。

 

うつ病が急性期だったころは、ほぼ寝たきりで、布団から出ることはなかったようです。

( この間の記憶がほとんどありません )

 

少しずつよくなってくると、14時起き、24時に寝る生活になりました。

この時、朝ごはんを食べていたかも、よく覚えていません。ただ、薬を飲んでいたので、一日中寝ていた頃も含めて、何かを食べていたのでしょう。

妻が12時にバイトに出かけるのに、寝ながら言ってらっしゃいと言うのがプレッシャーでした。妻にばかり苦労をかけていると思っていました。この頃が希死念慮が1番ひどかったと思います。この時期もあまり記憶がありません。

 

抗うつ剤睡眠導入剤のバランスが取れるようになって、ようやく9時起きの生活を送れるようになりました。かつ、妻のバイト先まで一緒に歩くことが出来るようになり、少し前進しました。これが約3年前だと思います。

 

しかし、定期的にやってくるのですが、中途覚醒するようになり、4,5時起きになることが続きました。現在、その状態になっています。

初めは睡眠導入剤を増やしてもらったりしましたが、効果はなく、ひと月ぐらいで元の9時起きに戻るようになりました。

これが1年に数回起きるようになったので、諦める事にしました。

流石に4,5時間の睡眠時間では足りないので、昼寝をしています。

この状態がなぜ起こるのかよくわかりません。

先生に聞いても、25時間の体内時計( 人によって差があるようです ) のずれが溜まって、早起きになるのではないかと言われています。

ほんとうつ病はよく分からない病気だなと再確認するのでした。