うつ病と社交不安障害になった私、寛解への長い寄り道記録

うつ病10年目、毎日、寛解にむけての紆余曲折の記録です。酷いネガティブな投稿もあるかもしれませんが、それを含めて記録していきたいです。繰返し同じような投稿をするかも知れません。その時思っていることを書いているので、ご了承ください。【注意点】ツイッターの延長線上で書いています。ご了承ください。

The Wall

人と人とには、踏み込んではいけない壁があると思っている。

 

SNSが広まって10年ぐらい?

ネットの世界は広大だけど、googleの検索結果やSNSの為に、ネットの世界はひどく狭いものになったと、よく目にする。

 

私は被害妄想が強いので、狭くなった輪の中で少し波をたたせると、波のプールに集まる人達にあっというまに押し流される。

 

私はなんなんだろう。

私は私が嫌いだ。

他人の目ばかりを気にするからだ。

一喜一憂し、落ちては浮かびを繰り返す。

 

私には友達がいない。

もちろん昔はいたが、どの程度相手が自分を友達としてみていたかはわからない。

ただ、今時点で付き合いがない以上、所詮それまでの関係だったのだろう。

 

私は目の前にかなり高い壁を作っている。

のぞき穴はあるかもしれないが、私が開門しない限り人との交流はないのだろう。

それくらい壁は高いのだ。

 

だが、今日は壁の外から呼びかける声がして、私はのぞき穴をのぞき、少し声の主と会話をした。意外に心地よく感じた。

 

いつかこの壁がなくなる日は来るのだろうか。

自分から壊す?外から壊してもらう?