うつ病と社交不安障害になった私、寛解への長い寄り道記録

うつ病10年目、毎日、寛解にむけての紆余曲折の記録です。酷いネガティブな投稿もあるかもしれませんが、それを含めて記録していきたいです。繰返し同じような投稿をするかも知れません。その時思っていることを書いているので、ご了承ください。【注意点】ツイッターの延長線上で書いています。ご了承ください。

散歩しながら考えた。 (4/4投稿分)

他のブログサイトから引っ越して来た為、順番に転載しております。

 

散歩しながら、ふと思った。

 
私は、就職を考える大学2年生なのでは?と。
 
実際、精神年齢は非常に幼い。
 
私は、大学入試でポカをしたので、希望の学部に入れなかった。
 
もし、希望通りなら将来への道が少しは見えていたのかもしれない。
 
私は、社会人になる気構えが無かった、怖かったので、しばらく大学に残った。
 
今、私はまた同じ立場にいるのでは?擬似的に過去の自分と向き合っているのでは?。
 
回復期か最近自信がなくなってきたが、今回は自分と対峙して、目をそらせずにいられるか。
 
もちろん、大学2年生ではないので、社会について、人間関係について、ストレスや病気について知識の上澄みはある。
 
新しい大陸に向かう冒険者のように、私はなりたい。なってみた
い。