うつ病と社交不安障害になった私、寛解への長い寄り道記録

うつ病10年目、毎日、寛解にむけての紆余曲折の記録です。酷いネガティブな投稿もあるかもしれませんが、それを含めて記録していきたいです。繰返し同じような投稿をするかも知れません。その時思っていることを書いているので、ご了承ください。【注意点】ツイッターの延長線上で書いています。ご了承ください。

今でも不思議なこと

私は、働いていた時、システムエンジニアでした。

どうして壊れたかは、また別の機会として、完全に体がいうことをきかなくて、なんとか休職の前の日に出勤して、引き継ぎをするためのペーパーに書きなぐって、なんとか家に帰りました。

…あのあとどうなったんだろう。

 

不思議なことっていうのは、休職開始して2日目に関東圏から、伊勢神宮に旅行に行けてたんです。あんなに、あんなに辛くて辛くて、怖くて、何もできず、人形みたいだったのに、三重県ですよ。三重県。1日で一気に行きました。写真も残ってるし、伊勢神宮内宮の、表現のできない神々しい空気まで覚えています。赤福も食べたし、外宮にも行きました。

次の日は、浜松にいました。

そして、帰宅しました。

 

その後、2年ぐらいの記憶はほぼありません。

妻いわく、よく泣く赤ちゃんみたいだったと。

 

本当に妻には感謝しています。

妻がいなかったら、いまこの投稿は、私の命は無かったでしょう。