うつ病と社交不安障害になった私、寛解への長い寄り道記録

うつ病10年目、毎日、寛解にむけての紆余曲折の記録です。酷いネガティブな投稿もあるかもしれませんが、それを含めて記録していきたいです。繰返し同じような投稿をするかも知れません。その時思っていることを書いているので、ご了承ください。【注意点】ツイッターの延長線上で書いています。ご了承ください。

2018/4 時点での無人島にもっていくならCD5枚

①Sting - ...All This Time

stingのライブアルバムです。オールタイムベストなのですが、オリジナルの曲のそのまま演奏しているわけではなく、この時の為に用意された編曲であったと思われます。

(確か、9.11の後のライブでした。)

この中の1曲目""Fragile""はずいぶん長い間、私のハンドルネームでした。

youtu.be

 

②少女時代 - Girls' Generation (1st Japanese Album)

このアルバムが無ければ、ここまでファンにならなかったでしょう。

100点です。


Girls' Generation (1st Japanese Album)

 

③Pink Floyd - The dark side of the moon(狂気)

このアルバムは私が生まれた年と近いぐらい古いアルバムです。

ピンクフロイド、聞いたことのあるバンド名だったらいいな、と思います。

作詞作曲ができるメンバー(新旧含む)はご健在ですが、バンドとしてはリユニオンすることはないでしょう。

本作はアメリカビルボードBillboard 200において1973年4月28日付けで1位を獲得、ピンク・フロイドにとっては初の全米チャートでの1位獲得となった。

また、Billboard 200に15年間(741週連続)にわたってランクインし続け、さらにカタログチャートでは30年以上(1,630週以上)に渡ってランクインするというロングセラーのギネス記録を打ち立てた歴史的なアルバムである。キャッシュボックスでは233週、全英オフィシャルチャートでも354週にわたってランクインしている。

狂気 (アルバム) - Wikipedia


The dark side of the moon - Pink Floyd HD

 

④King Crimson - Red

これも古いです。いわゆる、プログレ四天王(キングクリムゾン、ピンクフロイド、YES、EL&P)の中で、時代時代で色んな顔を見せるバンドです。
(ピカソみたいな。違うか)

Fullがなかったので、アルバムの最後の曲を貼ります。

この曲でクリムゾンは最絶頂期を迎え、解散します。


King Crimson - Starless (OFFICIAL)

 

⑤periphery - Juggernaut: Omega

このバンドにであったは、3年前ぐらい、Last.fmという、「私は普段こんな曲を聴いているよー」という情報を得られるサイトで、ある方がたくさん聴いていたので、youtubeをあさっていたらドンピシャでした。

それまでは、メタリカかメガデスが5枚のうちの1つだったのですが、ランク外になりました。

アルバムタイトルは、ジャガーノート:オメガと、アルファの2枚が存在します。

オメガの方が好みだったので、今のハンドルネームはΩ omegaにしています。

このアルバムもフルがなかったので、タイトル曲を貼ります。


[Periphery] Juggernaut: Omega - Omega (Lyric Video)

 

最後に、長々と書きましたが、ここまで読んでくださった方、途中で読み終えた方、曲も聴いて頂いたかた、ありがとうございました。